洋酒買取【洋酒を売りたい】洋酒買取前の予備知識

どんな洋酒が買取出来る?どこに売るのが最適?

よく買取店のホームページで「洋酒高値買取!」等と目にしますが、「洋酒」の定義はとても広く、こう、と断定的に説明するのは難しいです。

 

洋酒とは、西洋で造られ輸入されたお酒全般のことを指します。なお、中国や韓国などアジア系諸国のお酒は洋酒のカテゴリには入りません。

 

広義的な意味だと洋酒にはビールやワインも含まれますが、一般に古酒買取で取り扱われることが多いお酒には

 

・ウイスキー
・ブランデー
・スピリッツ

 

等があります。外国産のお酒は種類分けや定義が難しいので、万人にわかるようにまとめて【洋酒買取】と謳っている場合が多いです。

 

上で挙げたウイスキー、ブランデー、スピリッツについてはそれぞれ切り分けて買取してもらえるのかどうか?を今回は説明していきます。

 

洋酒買取ってできるの?どんな銘柄が売れる?買取相場は?

ウイスキー

ウイスキーは愛好家が多く、長期に渡って飲まずに保管してあっても比較的状態が劣化しにくいので、買取向けのお酒です。スコッチウイスキーやジャパニーズウイスキーが有名です。

 

限定品のウイスキーや化粧箱入りのもの、熟成年数が長いものは特に高く売れます。

 

高く売れる銘柄としては日本のウイスキーだと「竹鶴」や「伊達」、外国産のウイスキーだとスコッチウイスキーの「ブラントン」「オールドフォレスター」「マッカラン」「ボウモア」「ヴェリーオールドセントニック」等があります。

 

⇒ ウイスキーの買取についてもっと詳しく

 

ブランデー

果実を原料とした蒸留酒で、高級銘柄も多数あるブランデーはお酒の買取店で取り扱っている洋酒の中でも高値がつきやすい種類です。多くの場合問題なく買取してくれます。

 

特に珍しいオールドボトルや化粧箱・替え栓付きのもの、安定した人気のある有名銘柄が手元にある場合はぜひ売ってください。

 

買取の需要が高い有名銘柄にはコニャックの代名詞として名高い「レミーマルタン」、甘い口当たりで世界中で愛されている「ヘネシー」、三星レストランにも置かれる「レオポルド・グルメル」などがあります。

 

⇒ ブランデーの買取をもっと詳しく

 

スピリッツ

日本の法律上では、ウイスキー、ブランデー、リキュール以外の蒸留酒を指していて、一般にアルコール度数は高いです。

 

・ジン
・ウォッカ
・テキーラ
・ラム

 

が主な種類で、合わせて【 世界4大スピリッツ 】と呼ばれており、 カクテルの材料などとして有名です。

 

スピリッツは、未開封であれば直射日光の当たらない場所で常温保存して大丈夫です。

 

プレミアがついているものや珍しいものは高く取引されています。

 

具体的に高値が期待できる銘柄としては、プレミアムジンと言われる「タンカレー」や「ボンベイ・サファイア」、

 

プレミアムウォッカの「グレイグース」 や 「アブソルート ウォッカ」、テキーラでは「パトロン」や「サウザ・ブルー」、

 

高級ラム酒として知られる「エル・ドラド」や「レモンハート デメララ」等が挙げられます。

 

同じ銘柄でも買取業者やお店によってかなり価格に差が出てくることがあるので、せっかく売るのであれば高値を目指しましょう。

 

事前に2、3ヶ所に査定してもらって提示された買取額を比較し、一番高く買い取ってくれる所に依頼するのがいいです。

 

今はLINE査定やメール査定等便利手軽な査定方法があります。

 

⇒ ライン査定が出来るおすすめ買取店舗

 

洋酒を実際に売った体験談

洋酒コレクションが趣味で随分集めたのですが、訳あって手放さなければならなくなりました。

 

とはいえ色々飛び回って手に入れた愛着のあるお酒たち。価値を認めてもらいたかったので、この度は専門店にお願いしました。かなりの数がありましたので、こちらは首都圏在住ですし自宅に来てくれる出張買取を選んで頼みました。

 

結果、思った通り、いや、それ以上の値段を付けてもらえて報われた気がします。

 

手元からは離れてしまいますが、私と同じような愛好家の方の手元に渡ると思うと嬉しい気持ちになりますね。

ブランデー、ウイスキー、ラム酒、種類はバラバラでしたがともかく洋酒を宅配買取に頼みました。

 

知人から貰うことが多いのですが私自身あまりお酒は嗜みませんので、インテリア感覚で部屋に飾っていました。

 

インターネットでお酒は高く売れるというのを目にし、試してみたところ本当に高く売れて満足です。

 

お酒の種類によって価格はバラバラだったので、思い切って全部まとめて売ったのは損な気持ちにならず正解だったなと思います。

 

宅配買取システムは私にとって向こうにお任せで楽で便利だったので機会があればまた利用したいです。

 

洋酒を売るにはどうしたらいい?どこに売るのがいい?

お酒を扱う質屋やリサイクルショップが家の近くにあり、買取価格に拘らないのであればお願いするのも手ですが、せっかく売るのであればより高値で買い取ってくれる

 

【酒買取専門店】に依頼することをおすすめします。

 

専門店であれば店員がお酒の知識を豊富に持っているのでしっかりと査定してくれ、対応の際の態度に不安を感じることも少ないです。

 

お酒を買い取ってもらうときには必ず身分証明書(運転免許証、保険証等)が必要となるので慌てないように事前に用意しておきましょう。

 

買い取りの方法には大きく分けて

 

①店頭買取
②出張買取
③宅配買取

 

の3つの方法がありますが、それぞれメリット・デメリット、また状況に応じて向き不向きがあるのでコチラを参考に自分に合いそうな方法を選びましょう。

 

3つの方法の中では今は宅配買取が便利で手間も掛からないのでおすすめです。

 

出張買取も自宅に来てくれるので売りたいお酒の本数がたくさんあり、来客に抵抗が無い人にはおすすめです。

 

売れる洋酒リスト

ウイスキー

余市、竹鶴、宮城峡、伊達、ブラックニッカ、スーパーニッカ、 知多、山崎、白州、響、 デュワーズ、ブラントン、オールドフォルスター、I.w.ハーパー、ヴェリーオールドセントニック、ウッドフォードリザーブ、オールドグランダッド、オールドフォレスター、シーグラムセブンクラウン、ワイルドターキー、メーカーズマーク、ファインティング・コック
ボウモア、マッカラン、グレンファークラス、グレンモーレンジ、グレンナック、ザ・バルウェニー、アベラワー、インチガワー、アーベドッグ、クラガンモア、グレンエルギン、ダルモア、ハイランドパーク、ブラントン、ヘーゼルバーン、ポートエレン、ラフロイグ、ロイヤルロッホナガー、オールド・パー、カティサーク、ベイリーニコルジャビー、シーバスリーガル、バランタイン、ホワイトホース、ロイヤルサルート、ジョニー・ウォーカー、カナディアアンクラブ、クラウンローヤル、ミドルトン、ブラックブッシュ、タラモア・デューティアコネル、グリーンスポット、カネマラ、キルヴェガン等

 

ブランデー

レミーマルタン、ヘネシー、マーテル、カミュ、レオポルド・グルメル、クルボアジェ、ラーセン、ゴーティエ、バローズ、ポール・ジロー、ペイラ、ジャンフィユー、ミュコー、クロアーゼ、ポリニャック、カステルフォール、サンペ、インカピスコ、デュポン、フランシスダローズ、ミュコー、シャトー・ド・ロバード、クール・ド・リヨン、サマランス、ニーメ・デルクルー、ルモルトン、ベルネロワ、ローリストン、ブラー、マルキドコサード等

 

スピリッツ

ウオッカ

スミノフ、ストリチナヤ、モスコフスカヤ、ストロワヤ、スタルカ、ペルツォフカ、ロシアン・スタンダード 、ロシアンライフル・ウオッカ、ネミロフ・ レックス、ベルーガ・ノーブル、 ベルヴェデール・ウォッカ 、シロック等

 

ラム

バカルディ、ハバナ・クラブ、ロン・サカパ、マイヤーズ、キャプテン・モルガン 、アプルトン、エル・ドラド 、レモンハート デメララ、パンペロ アニバサリオ、ハバナクラブ、キャプテンモルガン、グレイスラム等

 

ジン

タンカレー、 ボンベイ・サファイア、ゴードン、エギュベル、ギルビー、ブラックデス、ビーフィーター等

 

テキーラ

パトロン、ポルフィディオ、ホセ・クエルボ、エラドゥーラ、サウザ、カサ ノブレ、901、オルメカ、マリアッチ、タランチュラ等