中国酒って売れるの?買取価格と買取の実情

中国酒の買取について

中国酒とは、中国産のお酒、または中国独自の製法によって作られたお酒の総称です。

 

中国4000年の歴史というくらいなので伝統的な製法で作られている銘柄・昔から飲まれている銘柄も多いです。

 

中国は広大な国なので銘柄自体の種類も多いです。

 

日本でも人気が高く、多くの銘柄が輸入されている中国酒。原料も製法も様々ですが、大きく分けると以下の4つがあります。

 

黄酒(醸造酒)

うるち米、もち米、きびなどを原料にした醸造酒。長期熟成されたものは老酒といわれる。

 

白酒(蒸留酒)

トウモロコシ、きび、麦などの雑穀で造られる蒸留酒。

 

果酒(果実酒)

果実原料の醸造酒、または白酒に果汁を配合したお酒。

 

薬酒

黄酒、白酒、果酒などに薬草や動物のエキスを漬け込んだお酒。

 

啤酒(ビール)

日本にある様々なお酒と同じように、食事に合うものから健康に良い効果があるとされているものまで様々な種類があります。

 

中国酒買取ってできるの?

 

中国酒は日本でも人気と需要があるので多くの買取店で買い取ってくれます。

 

家に飲まない中国酒があるときには売りに出すのがおすすめです。

 

熟成させるほど良いとされている銘柄も多く、賞味期限はないことが多いですが、紹興酒(1ー2年)等美味しく飲める期間の目安があるお酒もあるので注意してください。

 

賞味期限や保管方法についての疑問はネットで調べるか買取店に問い合わせることで解決できます。

 

どんな中国酒であっても、保管の基本として直射日光の当たるところや高温・温度変化の激しい場所での保存は避けてください。冷暗所での保管が望ましいです。

 

買取に出すときにボトルやラベルに著しい破損がある場合は売れなかったり買取価格が下がってしまったりします。これについては湿気が多い所・色が移るようなものの側・においが強いものの側・または場所での保管は避けることが対策になります。

 

売れるかどうか不安、という場合には実際に買取に出す前にお店や業者に質問してみてください。

 

中国酒の買取価格、相場はどのくらい?

買取店では中国酒をどれくらいの値段で買い取ってくれるのでしょうか?

 

ボトルやラベルの状態にもよりますが、未開封品をお酒の買取専門店にお願いした場合、状態が良ければだいたい【元の価格の3割〜4割くらい】で買い取ってくれます。

 

高級酒から大衆酒まで、その値段にはかなりの幅がありますが箱入りのものや付属品が揃っているもの、有名銘柄は高く売れます。陶器製のものも希少性があり需要が高いです。

 

特に高値がつく中国酒の銘柄を挙げると、

 

独特の香りの豊かさが特徴で宴席で出されることもある高級白酒の「貴州茅台酒(きしゅう マオタイ酒)」や 、穀物から造られ白酒といえばこれ、と言われるほど有名な口当たりがまろやかな「五粮液(ごりょうえき)」等があります。

 

【中国三大黄酒】と名高い「即墨老酒(そくぼくろうしゅ)」、「紹興酒(しょうこうしゅ)」、「沈缸酒(ちんこうしゅ)」等があります。

 

同じ銘柄でも買取業者やお店によってかなり価格に差が出てくることがあるので、せっかく売るのであれば高値を目指しましょう。
事前に2、3ヶ所に査定してもらって提示された買取額を比較し、一番高く買い取ってくれる所に依頼するのがいいです。今はLINE査定やメール査定等便利で手軽な査定方法があります。

 

中国酒を売った人の体験談

実際に中国酒を買い取りに出した人の体験談を調べてみました。

友人から中国料理土産のお酒を貰いましたが、強いお酒はあまり飲まないのでそのまま飲まずに押し入れに眠らせてしまっていました。

 

売りに出そうと思い立ったはいいものの、馴染みのないお酒なので素人目には詳細も価値もわからず、ここはプロに任せることにしました。

 

今回依頼したのは宅配買取でしたが、1本5000円の値段がついたものもありびっくり。数日かかるものとイメージしていましたが査定にもそんなに時間がかからず、少しの手間で生活費の足しになりましたので依頼してよかったです。

家に古酒のコレクションがあったのですがコレクションスペースを少しすっきりさせたく、他のブランデーやウイスキーと一緒に出張買取に頼みました。中国酒は売れるかどうか自信がなかったためです。

 

結構長く放置してしまっていたため、状態にも自信がなかったのですが、ほかのお酒と同様にいい値段で買い取ってくれました。専門業者は商品知識が豊富で、どんな種類のお酒でも買い取ってくれるのですね。

 

嫌な顔ひとつせず自宅まで来て対応してくれありがたかったです。

中国酒を売るならどうすればいい? どこで売るのがいい?

 

中国酒は日本国内で人気があるといってもまだまだ知名度が低く、一般的なジャンルのお酒とは言えません。
総合リサイクルショップや質屋にお願いした場合、買取はしてくれても本来の価値をわかって値段をつけてくれるか、というと難しいところです。

 

ここは幅広いお酒の知識を持ったお酒の買取専門店にお願いしたほうが間違いないです。

 

専門知識に基づいたきちんとした査定によってリサイクルショップ等に比べて買取価格が高くなるのはもちろん、相手はプロなのでわからないことは質問でき、対応に不安を感じることも少ないはずです。

 

 

お酒を買い取ってもらうときには必ず身分証明書(運転免許証、保険証等)が必要となるので慌てないように事前に用意しておきましょう。

 

買い取りの方法には大きく分けて

 

①店頭買取
②出張買取
③宅配買取

 

の3つの方法がありますが、それぞれメリット・デメリットがあるのでお酒の買取方法のページを確認して自分に合いそうな方法を選びましょう。

 

個人的には3つの方法の中だと手間やコストがかかりにくい宅配買取がおすすめです。

 

実際に買取してもらう前にまずは気軽に査定をしてもらってください。

 

中国酒買取可能リスト

中国酒の銘柄は何千種類とあるので全部は載せられませんが、酒買取専門店で買い取ってくれる有名銘柄を中心に名前を載せておきます。

 

茅台酒(マオタイ酒)
天女ラベル
サンフラワーラベル
五星ラベル

 

紹興酒(しょうこうしゅ)
黄中皇、神気、孔乙己、唐宋、女児紅、東湖

 

即墨老酒(そくぼくろうしゅ)
五粮液(ごりょうえき)
水井坊(シュエジンファン)
文君(ウェンジュン)
瀘州老窖(ロシュウロウコウ)
虎骨酒(ここつしゅ)
洋河大曲(ようがだいきょく)