お酒買取について徹底解説

お酒買取前に知っておきたい基礎知識を徹底解説!

何かのお祝いにプレゼントで貰ったり、旅行先で自分へのお土産に買ったり。そんなこんなで飲まずに置いてあるお酒。

 

多分お金に困ってない限りお酒が好きな人なら高級酒であれば自分で飲んじゃいますよね。

 

でも飲まずにそのまま置いてあるお酒・・・ワインにブランデー、ウイスキー、ビール、果実酒、日本酒・・・

 

種類は色々あるけれど、価値ってお酒に詳しくないとイマイチわからないですよね。お酒って売ってお金にすることはできるのでしょうか?

 

どこで買い取ってくれるのでしょうか?

 

コレクションしたり、観賞用に飾っておいたりするのも綺麗で楽しくて良いのですが、お酒は意外と高く売れるので思い切って売ってしまうのも賢いですよ。

 

キッチンやお部屋に保管しておくにも量が多ければスペースをとります。

 

そして、どうせ売るなら少しでも高く売りたいですよね?

 

安易な酒買取業者選びをしてしまうと、安値で売って損をしてしまう事にもなり兼ねませんので注意が必要です。

 

ここでは以前酒問屋で勤務していた私が初めてお酒を買取しようとしている人でも分かり易く

 

お酒を高く売るコツ、大切なポイントを解説しているサイトです。

 

またお酒買取を行っている業者の口コミや評判、おすすめのお酒買取業者などをランキング形式で紹介しています。

 

お酒を売ろうとしている人がお酒買取前に参考にしていただけると嬉しいです。

お酒買取おすすめランキング

ファイブニーズ

文句ナシ!顧客満足度No,1のお酒買取店舗

お酒の買取一本で勝負している酒買取専門店です。

ファイブニーズでは現役のソムリエも駐在していたりとお酒の知識を持っているプロフェッショナルなスタッフが査定をしてくれます。

 

お酒買取ではほとんどないキャンセル時の返送料金の負担もしているため買い叩きがなく買取額に絶対の自信を持っている証です。
価値があるお酒はしっかりと値段を付けてくれるためまず一番初めにお酒の査定をお願いしたい一社です。

 

また専門店なので様々なお酒の販路を確保しており、買取の幅も広く空き瓶や他では買い取れないものにでも値段を付けてくれます。

 

お酒単体の買取であればファイブニーズで得をすることはあっても損をすることはないと言い切れるほど知名度、実績共にNo1にふさわしい優良店です。

買取方法 出張、宅配、持込
梱包キット アリ・無料
査定・返送料金 完全無料
買取価格 評価5
買取対応 評価5
換金速度 評価5
スピード買取.jp

スピーディーな取引で高価買取

出張買取でも全国対応で即日最短30分で家まで来てもらえて、その場で現金即払いで名に恥じないスピーディーな買取が可能ですので今すぐにお酒を売って現金化したい!といった人に最適です。

 

お酒以外にも様々な物の買取もおこなっているため不用品処分や遺品整理などでお酒+αで何か色々買取してほしい物があって面倒だから来て持ってってくれ!といった人にスピーディーに対応出来ます。

 

また坂上忍さんをTVCMに起用し知名度と信頼性もあり、今最も勢いのあるリユース業者なためお酒だけではなく様々な物の高価買取を実現しています。

買取方法 出張、宅配
梱包キット アリ・無料
査定、返送料金 完全無料
買取価格 評価45
買取対応 評価5
換金速度 評価5
買取リカーズ

宅配買取の老舗

買取リカーズは宅配での無店舗型お酒買取専門店です。

人件費や固定費などのコストを大幅にカットしてその分を買取に反映出来る無店舗型のお酒買取専門店なため高価買取が可能です。

 

高く売れるか分からないけど飲まないしなぁ・・・といった方にも買取価格もトップレベルでサクっとお酒を買取してもらえるのでオススメ出来る店舗です。

 

ただ、査定に納得いかない場合の返送料は自己負担になってしまうため、お酒単体であればファイブニーズ、その他も一緒に売りたいのであればスピード買取に依頼する事で事足りてしまう部分があるため3位となりました。

買取方法 宅配
梱包キット アリ・無料
査定、返送料金 返送自己負担
買取価格 評価45
買取対応 評価5
換金速度 評価4

お酒を売るのに必要なものは?


お酒を売るときには身分証明書(運転免許証、持っていない場合には保険証)が必要です。
これは店頭買取、出張買取、宅配買取等どんな方法で売るにしても同じです。

 


住民票や住民基本台帳カードやパスポート、外国人登録証明書も使用できる場合があるので売る際にお店や業者に確認しましょう。

 

買取り取引時に相手(お酒を売りたい人)の身分確認が必要、というのが古物営業法という法律で定められているのでどんなお店にお酒を買取してもらう場合でも必須となります。

 

お酒を売ろうと思ったときにはあらかじめ身分証明書の準備・確認をしておくと、いざ買い取ってもらうときにバタバタしなくて良いですね。

 

身分証明書以外には特にあらかじめ準備しなくてはいけないものはありません。

 

あとは実際に売るときにお店・業者あてに買取依頼書を書くくらいです。これについては向こうが用意してくれます。

 

宅配買取を利用する場合には買取り金額は振込みとなるので、銀行口座が必要になります。

 

お酒の買取価格はどのくらい?

お酒は売ればそれなりのお金になります。

 

とは言ってもだいたいどのくらいで売れるのでしょうか。
種類や銘柄が膨大にあるだけに元値もピンからキリまであり、一概には言えませんが目安としてお伝えするのであれば

 

買取価格は元の定価の半分から3分の1くらいで買取をしていれば優良店舗と言えます。

 

保存状態や売りたいお酒によりけりで、買取り価格も日々変動するものなので絶対こう!とは言えません。

 

ですが例えばブランデーのヘネシー、定価が50000円であれば買取価格は20000円弱、といった具合です。

 

一部ですがお酒の買取価格の例を紹介します。

商品 参考買取価格
レミーマルタンやルイ13世の洋酒 4点 330000円
ホワイトホースティンキャップ1本 15000円
サッポロ エビスビール 24本入り 1箱 2000円
日本酒 八海山 大吟醸 1600円
ワイン シャトー・ペトリュス 120000円
ウィスキー 竹鶴 17年 11000円

 

上記は状態が良かった場合の参考価格ですので、あくまで目安程度としてください。

 

有名なお酒や元値がそれなりのお酒であれば二束三文ということはないので結構期待できます。

 

高級酒であればそれこそビックリするくらいの値段がつきます。レアケースではありますが元値よりも高くなる場合もあります。

 

お店によって買取価格に数万円もの差が出ることも珍しくないのでしっかりと価値の分かる業者に査定をしてもらい、高値で買い取ってくれる業者に依頼しましょう。

お酒売却時の3つの買取方法

出張、持ち込み、宅配の3つがあります。状況や何に重点を置くかによってどの方法が向いているのかが変わってくるので、一つずつ詳しく解説します。

お酒を店舗に持ち込み

売りたいお酒を持って店舗に自分で足を運び、直接買い取ってもらう方法です。

メリット
  • スピーディーな取引

自分の都合のいい時間に持って行け、査定時間の30分~1時間もあれば終わることがほとんどなので今すぐお酒を処分したい!と言う人にはおすすめです。

 

  • その場でお金になる

口座振込ではなくその手で現金を受け取ることができます。しっかりとその目で確認ができるので安心です。

  • 相手の顔が見える

直接対面での取引となるので騙されないだろうか、という不安は少ないです。お店の雰囲気や相手の接客態度によって最終的に売るかどうか判断することができます。

 

デメリット
  • 安く売らないといけない場合もある

基本的に自分が売りに行ける店舗が限られてしまうため選択肢がなく安価買取しかできないお店に売らざるを得ない場合があります。

 

  • 持ち運ぶ手間が掛かる

複数のお酒を持ち運ぶのはかなりの労力が必要になります。
車などで運ぶのであれば多少は楽かもしれませんがそれでも持っていく時間がない、お店までもっていくのが面倒臭いといった人にはそこそこの労力が掛かります。

お酒の出張買取

売りたいお酒を自宅まで買い取りに来てもらう方法です。

 

メリット
  • 自宅に来てもらえる

自分の都合の良い日時に来てもらえ、車で運ぶ・ダンボールに詰めるなどの労力が掛かりません。

 

1度にたくさんのお酒を売りたい場合や、お店までお酒を持って行くのが難しい場合におすすめです。

  • その場でお金になる

査定をしてもらい、結果に納得がいけばその場で買い取り交渉成立となります。数日待つ、ということが無くスピーディーに現金化できるのが魅力です。

 

  • お酒を良い状態で売ることが出来る

お酒の中でも特にワインは暗所で保存するのが最適と言われています。
持ち運びの際に常温にさらしてしまうと状態が劣化し、買い取り家格が下がってしまうことがあります。

 

自宅にワインセラーがある場合にはその場まで来て査定をしてくれることにより、ワインの状態を落とさず高値買い取りを目指すことができます。

デメリット
  • 対応エリアの確認が必要

全国対応ということは少なく首都圏や各地方の主要都市が中心のことが多いです。

 

売りたい業者のホームページで確認してください。

  • 出張費用が掛かる

手間は掛からない反面、お金は掛かります。

 

仕方ない費用ではありますが、少しでも安く済ませたい場合は他の方法にしたほうが良いです。

  • 断りづらい

売る意志が固い場合にはいいのですが、査定金額に納得がいかなかったり、業者の対応等によりやっぱり売るのはやめよう、と思ったときに自宅まで出張で来てもらっている、また対面交渉である点から断りづらいです。

 

お酒を発送して宅配買取をしてもらう

売りたいお酒を自宅から買い取り業者あてに発送し、業者のほうで査定をしてもらう方法です。

メリット
  • 基本的に全国対応

自宅から発送、という形になるのでエリアの制限というものがありません。全国どこからでも売れるというのは大きいポイントですね。

 

  • 持ち運びの労力がない

自宅から梱包して業者あてに発送するので重いお酒を自分の手で持ち運ぶ労力が掛かりません。

 

梱包は自分で行わなければなりませんがそこまでの労力ではありません。

  • 色々な業者から選べる

現在お酒の宅配買取を行っている業者は多くあるので、自分で色々な情報をホームページ等で見比べて場所を選ばず自分で好きな業者を選ぶことができます。

 

  • 料金が掛からない

梱包資材代や自宅から業者への送料は業者側が負担してくれることが多く、自宅に人を呼ぶわけでもないので出張料金も掛かりません。

 

デメリット
  • 時間が掛かる

申し込みから査定を経て入金まで、業者によって違いますが数日掛かります。

 

申し込みが多い場合や休業日を挟む場合はその日数は長くなり、最近はスピード対応を売りにしている業者が多いとはいえ他の買取方法と比べると待ち時間は長めです。

 

お酒を業者に送ってから査定までに日数が掛かるので、ワインをはじめとする温度変化や日光に弱いお酒は状態が悪くなってしまい、味も落ちるのでそれが買取価格の減額につながることがあります。

 

  • キャンセル料金が掛かる

買取り金額に満足ができなかったり、お店側の対応に不信感があったりしてやっぱり買取りをしてもらうのはやめておこう、という場合には自宅へのお酒の返送料金は業者負担ではなく自己負担となってしまうので注意してください。

 

  • 顔が見えない

主にメール、または電話上でのやりとりとなるので相手の顔が見えません。

 

電話にてどこのお店も丁寧に対応してくれる所が大半ですが、どうしても不安がある人は他の方法を選びましょう。

 

以下にて出張買取と宅配買取のメリット、デメリットの早見表を作成したので参考にして下さい。

どんなお酒が高価買取してくれる?売れないお酒は?

お酒と言っても色々なジャンル、数え切れないほどの銘柄がありますがその中には売れるお酒、売れないお酒があります。

 

売れないお酒

まず、買取出来ないお酒についてですが、賞味期限が切れているものは買取りしてくれません。

 

ワインや焼酎、ウイスキーには基本的に賞味期限はありませんが、発泡酒や日本酒の中には賞味期限が記載されているものがあります。

 

お酒全体として見ても賞味期限が記載されているもののほうが少ないのですが、例外もあるのでボトルに書いてあるようであれば必ず売りに出す前にその期限内かどうかを確認してください。

 

そして次に、開栓済みのものです。まれに開栓済みのものや中身がなくボトルだけでも買い取ってくれる業者もありますが、基本的にはあまり値段が付かない場合も多いので過度の期待は禁物です。

 

基本的には「空のボトルだけでの買取」は不可な場合が多いので他のお酒の買取のついでと思った方が良いです。

 

ですが開栓済みのものでもルイ13世やカミュなどの外観がインテリアになりうるお酒の空き瓶であればボトルだけでも意外な高値で買い取ってくれる業者はあります。

 

⇒ お酒の空き瓶買取について

 

開けていなくても著しく蒸発してしまっているものやビンに目立つヒビが入ってしまっているようなものは売れません。

 

業者によりけりなので一概には言えませんがペットボトルや紙パック入りのものは液漏れすることがあるので買い取ってくれない場合が多いです。

 

また、あまりに元々の値段が安いコンビニやスーパーで1本ずつ売っているようなビールや缶チューハイは売れないと考えてください。

 

あとはシャンパンやワイン、ブランデーに多いのですがプレゼントで貰った個人名が入っているようなものは基本的に売れません。

どういうお酒が売れる?

ではどんなお酒であれば売れるのでしょうか?

 

ブランデー・ウイスキー

ブランデーは果実を原料として作ったもの、ウイスキーはトウモロコシ、大麦、ライ麦等の穀物を原料として作ったもので両方蒸留酒に分類されます。

 

高級酒のイメージがあるブランデーやウイスキーはイメージ通り高く売れます。お酒を買取してくれるお店の取り扱いの中でも最も主流と言っても良いでしょう。

 

化粧箱入りのもの、バカラなどのブランドのボトルを使用しているものはより高値が期待できます。

 

シャンパン

シャンパンは、炭酸が入ったワインのことです。伝統製法で作られ、アルコール度数は11%以上でないとシャンパンと名乗ることはできません。原料には白ぶどうが使われています。

 

シャンパンには「ヴィンテージ(V)」と 「ノンヴィンテージ(NV)」の二種類があります。

 

ボトルに収穫年が記載されているものがヴィンテージ、そうでなければノンヴィンテージです。

 

シャンパンは色々な収穫年のワインを混ぜて作られているノンヴィンテージのほうが多いです。

 

ぶどうをはじめとした作物は収穫年によって味わいに差が出てくるので、複数の収穫年のぶどうをシャンパン作りに用いることで味の安定化を図っています。

 

どちらのシャンパンも売ることができますが、比較するとヴィンテージのものはぶどうの状態が特別に良かった年にそのぶどうだけで作られているので特別な味わいがあり、元々高値で取引されるので売るときにも高値が期待できます。それだけ希少なものです。

 

ワイン

ワインとは、ぶどうを原料にしてその果汁を発酵させて作ったお酒です。ぶどう酒と呼ばれることもあります。

 

種類ですが大まかに分けると赤ぶどうを使った赤ワイン、白ぶどうの白ワイン、赤ぶどうに似た種類を使って色はピンク色のロゼワイン、発泡性のあるスパークリングワインがあります。

 

種類も愛好家も多く一様に売れますが、高級銘柄とスーパーで買えるような銘柄ではかなり買取価格に差が出てきます。

 

ワインは暗所で横向きに置いて保存するのが理想で、適温は15℃前後といわれているくらいデリケートなので保存状態によっても買取価格は変わってきます。

 

日本酒 ・焼酎

両方日本独自のお酒で、日本酒の原料は米、水、麹、です。清酒に分類されていて口当たりはすっきりしたものが多く飲みやすいです。

 

焼酎は米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、そば焼酎(この4つは四大焼酎)等と材料により区別されており蒸留酒に分類されています。

 

焼酎はアルコール分が高く強いお酒です。

 

日本各地でその土地独自の美味しいな銘柄が販売されているのでお土産で買うことも多いですよね。種類が多く有名な銘柄は買取側としても需要があり高値が期待できます。

 

ビール

麦を原料とした醸造酒で、麦酒とも呼ばれています。

 

主に思いつくのは瓶ビール、缶ビールですが両方売れます。
サッポロ、キリン等国内メーカーのものはもちろん、世界各地で造られたクラフトビールも買い取ってくれます。

 

ただ、ビールというのは元値がそんなに高くないのでセット売りが良いです。1本売りは厳しいです。

 

国産缶ビールで言うと〇〇本セット、とその本数がきちんと揃っているものであれば買い取ってくれます。

 

まとめると元値があまりにも安いもの・開封済みのもの以外のお酒であればほとんど売ることができます。

お酒を高く売る5つのポイント

どうせ売るのなら勿論、高く売れたほうが嬉しいですよね。自宅でもできる一円でも高く売るためのポイントを教えます。

見た目(ボトル)の状態に気をつける

余程の高級酒であればそこまで影響はありませんが、トータルでみるとボトルやラベルに傷や汚れがあると買取価格が下がってしまいます。

 

傷やボトルの欠けは直しようがないので諦めるしかありませんが、ほこりをかぶっている、液漏れが多少付着している等少し拭けば綺麗になりそうな場合は綺麗にしてから売りに出してください。

 

ただし無理に綺麗にしようとしてラベルの文字が消えたりラベルが破れたりしてしまいそうな場合はそのまま何もしないほうが良いです。

 

付属品と一緒に売る

箱入りのものであれば入っていた箱と一緒に、ほかにも替え栓や冊子がついていた場合はそれが手元にあるならば必ず一緒に売りましょう。

 

お酒はインテリアとして部屋に置いている人も多いとおり、見て楽しむものでもあるので愛好家やコレクターは全てが完璧に揃っているものを好む傾向があります。

 

そのほうが見た目が良いので販売時に売れやすくなるため結果、買取価格に差が付きます。

 

まとめ売りをする

たくさんお酒がある場合にはまとめて売った方が良いです。

 

時には思ったより高く買い取ってもらえなかった、とショックを受ける場合もありますが数が多ければ単価が安くてもそれだけまとまったお金になります。

 

断捨離気分でいっぺんに売ってしまうのもすっきりしておすすめです。

 

キャンペーンを利用する

お店で買取強化中のお酒だと普段より高く売れる場合があります。

 

ほかにも【査定額〇〇円以上のお酒〇点以上だと買取金額10%アップ!】というようなまとめ売りキャンペーン等もあります。

 

まずはどのくらいで買い取ってくれるのか、可能であれば査定だけしてもらうのもおすすめします。

 

最近は直接来店や出張での査定、電話査定のほかにもLINE査定、FAX査定等多種の査定方法があり、より手軽に査定をしてもらえるようになっています。

 

状態が劣化してしまう前に売る

そして最後に思い立ったらすぐに買取査定に出しましょう。

 

何よりも高価買取には重要な事で、ワインや日本酒の中には賞味期限があるものもありますし、ビールは賞味期限の3ヶ月前までが買い取ってもらえるギリギリのラインとなっています。

 

理想は賞味期限の半年前までです。買取側としても、買い取ってすぐに次の買い手に渡るとは限らないですからね。

 

その他多数のお酒には賞味期限というのはほとんどありませんが、長く置いておくうちに蒸発してしまうことがあります。あまり量が減ってしまうと買い取ってもらえない場合もあります。

 

ワインやブランデー等は年代物でも高く売れますが、だからと言って自宅で長く保管してから売りに出せば高くなるということではないので売ろうかどうか迷っている場合には早く売ったほうが良いです。

飲まないお酒、いらないお酒は売ってしまいましょう!

結局飲まなくて消費期限が過ぎてしまった、劣化してしまった・・・というのではせっかくのお酒ももったいないです。

 

飲まないかも?と思ったお酒。

 

どうせ捨ててしまうなら送料や査定費用は掛からず完全無料で家に居ながらサクっと売れる宅配買取で売ってしまう事をオススメしますよ!